Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

HOME >> 体型カバー・おしゃれの基本 >> 体型カバーの基本その5:カラーコーディネート

体型カバーの基本その5:カラーコーディネート

カラーコーディネート・・・色には人間の感情に働きかけ、連想による感情作用があります。
色の持つ特性を上手く利用し、色の使い方、組み合わせ方を知って体型カバーに役立てましょう。

色の膨張と収縮は色相よりも明るさが影響します。
黒は収縮色、白は膨張色。

あらゆる色相の中で一番明るいのは黄色なので黄色地のワンピースやコートなどはかなり太って見えます。

暖色系の色体型カバー・膨張色 
膨張色、進出色は実際より広がって大きく、太って見え近くに感じる。

寒色系の色体型カバー・収縮色 
収縮色、後退色は実際より小さく、細く見え遠くに感じる。

■細く、長く見せたい人

着やせカラー
収縮色、「寒色系、低明度、低彩度」がおすすめ。
特に下半身に使うとすっきりと引き締めて見せる。
明るめの色のコーディネートには太目の収縮色のベルトを使うなど
といった取り入れ方も効果的。

■やせている人
膨張色「暖色系、高明度、高彩度」の色、明るく淡いパステルカラーをうまく取り入れよう。
ビビットな色よりもより白に近い色を選ぶとよいでしょう。

やせている人おしゃれの配色 

2007冬ラプティ
あなたの体型をスッキリと。着ぶくれしない!2007年秋冬おしゃれ速報!

« 体型カバーの基本その4:バランス | HOMEへ

【体型カバー・おしゃれの基本カテゴリーの関連記事】

体型カバーの基本その5:カラーコーディネート
体型カバーの基本その4:バランス
体型カバーの基本その3:視線をそらし、目立たなくさせる
体型カバーの基本その2:自分の体型にあったラインを知る。
体型カバーの基本その1:シルエット
体型カバーでおしゃれ5つの基本

ファッション、おしゃれ、ダイエット、カラーコーディネートに関するコンテンツ、
ファッション、おしゃれ、ダイエット、カラーコーディネートに関するブログをお持ちの方
ファッション、おしゃれ、ダイエット、カラーコーディネート
関連のサイト様相互リンクしませんか?

リンク(掲載希望)について

体型カバーの基本その5:カラーコーディネートを最後までお読下さいましてありがとうございます。

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録  ブックマークに追加する