Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。Illustratorでロゴやパーツを作り、PhotoshopでWebデザイン、その後、HTML・CSSでのコーディングまでの現場レベルのWeb制作を効率的に学べる実践編 Webスクールレベルの授業が格安で学べるWebデザインのオンライン講座。

HOME >> アイテム別着やせ・着こなし術 >> ファー・毛皮 着膨れアイテム攻略法・30代からの理想的ファー選び

ファー・毛皮 着膨れアイテム攻略法・30代からの理想的ファー選び

30代の理想的なファー・毛皮の着こなし

10~20代の女性は、Tシャツやキャミソールにジーンズなど普段のスタイルに羽織るといった「気軽に決める」のが良いようですが、 30代からの理想の取り入れ方は流行に飛びつくのではなく、体型や顔映りなどを考えた選び方、 シーンに合わせた着こなしや素材自体がゴージャスなので「張り切りすぎない微妙な豪華さ」を楽しみたい。
若い世代が「プチ贅沢」なら30代からは「意味のある贅沢」といったところでしょうか。

着丈

  • ゴージャスすぎないという意味でジャケットやコートは、短い丈で軽量感のあるものやヒップ丈が着こなしやすい。
    足が短いのが気になる方はちょうどヒップが隠れる丈がおすすめ。

首周り

  • 首周りにはボリュームが出過ぎないスタンドカラーなどすっきりしたデザインを選ぶと普段にも取り入れやすい。
    顔が大きい方の首周りは色は濃いめでできるだけ毛足の短いコンパクトなものを選ぼう。

着やせのコツ

  • 毛皮・ファーは気ぶくれしがちなアイテムの一つ。
    太めの方が気になる着やせのコツは太い部分を隠し細い部分をみせる工夫を。
  • トップスはVゾーンの開きの綺麗なものや七分丈の袖のもの、 ボトムは足首が見えるクロップドパンツなど随所に肌が見えるアイテムを組み合わせる。
    足首や手首が見えることですっきりとした印象になる。

シルエット

  • 全体を同系色でまとめることで全身につながりを出し縦のシルエットを強調する。
    いわゆる「Iライン」ができるのです。
  • 背が低い方はこの同系色のコーディネートにプラス高い位置にアクセントとなる色や小物を合わせると目線を上に集め、すらりと 「細く長く」見える。

ドレスアップ

  • 少しドレスアップしたい時には素材感とファーに合わせるアイテムのシルエットがポイント。
    シルクサテンやシルクジャージなど光沢のあるアイテムは落ち感があり、 しなやかな動きも出るので少しマットなファーを合わせると上品に仕上がる。
  • ビーズやスパンコールをあしらったものとの組み合わせではファーとの色を合わせるとしっくりくる。
  • クラシカルなワンピースにはファーカラーやストール等の小物で華やぎを出す。
  • シックな黒や地味になりがちなツイードのワンピースには思い切ってゴージャスなファーを効かせる。
  • シャープな印象もあるが、 無難で地味になりがちな黒のアイテムにファーの柔らかさをプラスするのもさりげないドレスアップになる。
2007冬ラプティ
あなたの体型をスッキリと。着ぶくれしない!2007年秋冬おしゃれ速報!

« ケープ着こなしのバランス3:7 | HOMEへ

【アイテム別着やせ・着こなし術カテゴリーの関連記事】

ファー・毛皮 着膨れアイテム攻略法・30代からの理想的ファー選び
ケープ着こなしのバランス3:7

ファー 毛皮に関するコンテンツ、
ファー 毛皮に関するブログをお持ちの方
ファー 毛皮
関連のサイト様相互リンクしませんか?

リンク(掲載希望)について

ファー・毛皮 着膨れアイテム攻略法・30代からの理想的ファー選びを最後までお読下さいましてありがとうございます。

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録  ブックマークに追加する